医療用レーザー脱毛機の違い

無駄毛にお悩みの方の中には、家庭用の脱毛機を購入し、使用してきたが、思ったような効果が得られない。


面倒で、続けられない。


などの理由で、サロンに通うことをお考えの方もいらっしゃると思いますので、ここでは、家庭用の脱毛機ではなく、医療用レーザー脱毛のレーザー種類の違いについて紹介します。

医療用レーザー脱毛は、レーザー光の種類がおもに3種類あります。



YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーです。



種類によって、メリット、デメリットがあります。



まず、YAGレーザーですが、3種類のレーザーの中で、最も波長が長く、肌の奥まで届く、という特徴があります。

レーザーの照射範囲が一般的に小さく、痛みも少し強いといわれます。しかし、他のものよりも、やや肌が黒い人にも適用できるというメリットがあります。
アレキサンドライトレーザーは、クリニックで使われている台数が最も多い種類のもので、日本人の肌のメラニン量と相性がいいといわれています。
1回のレーザー照射範囲が比較的広いので、照射回数が少なく済みますし、照射漏れが起こりにくいことがメリットです。

ダイオードレーザーは、半導体を用いて作られているため、波長の変更ができ、日焼けなどにも比較的柔軟に対応できる、という特徴があります。

いずれの脱毛機器にも、メリットとデメリットがありますし、自分の肌に合うものと合わないものがありますので、脱毛サロンなどで、スタッフの方と、どの方法を選択するべきかよく相談して決めるべきです。