脱毛機の種類と特徴の違い

脱毛機にはいくつかの種類がありますが、ニードル、レーザー、フラッシュが比較的よく用いられています。ニードル脱毛機は毛穴の1つ1つから電気を流して毛根を破壊するという方法で脱毛を行います。確実性が高いことが大きな魅力となっていて、永久脱毛という言葉を使用できる貴重な脱毛手段です。

ただし、時間やお金がかかるということも特徴となっています。

レーザー脱毛機はメラニン色素の濃い部分に反応します。

レーザーを当てることで毛根を破壊し、後日毛が抜け落ちるというものです。

比較的効率的に脱毛できるというメリットがありますが、照射の技術でその精度が大きく異なることには注意が必要です。



家庭用のものも発売されていますが、自分で扱って確実に脱毛を行っていくには相当な技術が求められます。そのため、医療従事者が行う医療レーザー脱毛を実施するクリニックが多くなっています。

フラッシュ脱毛もメラニン色素が強いところに反応して、毛根を破壊する点はレーザーとよく似ています。



レーザーよりも刺激が少ないので大まかな広めの照射でも脱毛効果が現れます。

こちらは専門でない方が使っても一定の効果が期待できます。

肌への負担もレーザーよりやや少ないです。



しかし、その脱毛の威力に関してはそれほど高くありません。そのため、一度脱毛してもまた生えてくる可能性があります。
ただし、光脱毛の精度や施術の回数などによってはこちらも高いクオリティでの脱毛が期待できます。