脱毛機の仕組みや使用される場所はさまざまです

日本では、一般的にムダ毛と呼ばれている毛を、処理して生えてこなくする脱毛をすることが、広く行われています。


脱毛に使われる機械は、脱毛機と呼ばれ、家電量販店などにでも販売されています。



家庭用のものでは、半永久的な脱毛をするためには、長期間必要です。
しかし、医療脱毛クリニックに行けば、専門のレーザー機器により、短期間での脱毛が可能です。脱毛機は、家庭用と業務用に分けられています。

業務用の機器の中では、特に医療脱毛クリニックで、強力なものが使用されています。

医療脱毛クリニックでは、医療用の脱毛レーザーが使われており、毛根を根本的に破壊することが可能です。

しかし、医療用脱毛レーザーが使われるためには、医者が常勤している必要があります。そのため、医療脱毛クリニックで使われている脱毛器を、一般家庭で使用することは不可能です。



一般家庭用で販売されている脱毛機には、強力なフラッシュライトがつけられていることが多いです。



フラッシュライトを毛根に照射し、毛が生えてこないようにします。家庭用の脱毛機は、医療用脱毛レーザーより、効果は緩やかなことが多いです。そのため、脱毛には時間を有しますが、肌を傷める可能性は少ないです。

家庭用の脱毛機は、数万円程度することが通常なので、価格は安いとはいえません。

しかし、医療脱毛クリニックでは、保険が適用されないので、料金はさらに高くなります。


コストパフォーマンスの点では、家庭用の機器の方が、優れている可能性があります。